院生・若手研究者のための英語論文執筆セミナーを実施しました。

昨年,大学院生から現役の教員まで幅広いご参加者から大好評をいただいた若手研究者・院生向け英語論文執筆セミナーを今年も実施しました。

日時
2016年11月10日(木)15:15-17:55
2016年11月24日(木)15:30-18:30
会場
(11/10)人文・社会科学総合教育研究棟2番教室
(11/24)北海道大学 工学部 フロンティア応用科学研究棟2階鈴木章ホール(レクチャーホール)
参加費
無料


【定 員】
人文・社会科学系100名程度、生命・理工系200名程度

【受講対象者】
これから初めて英語論文を執筆する若手研究者
英語論文執筆経験のある若手研究者
若手研究者に英語論文執筆を指導する際,裏付けとなる知識を必要としている現役の教員

【プログラム】
「英語論文の書き方」は開催日によってプログラム内容が異なります.これまでの執筆経験、分野、ご興味に合わせて選択ください.
「知っておきたいオープンアクセス」の内容は両日とも共通です.


人文・社会科学系向け

多様な分野の様式に最低限共通するアカデミック・ライティングの基礎知識、構想から論文投稿に至るまでのスケジュール管理、投稿誌の選び方、さらには最近よくみられるSNS等を用いた出版後の広報まで、出版にまつわる最新のノウハウについてお伝えします.講師は、社会学系の書籍・アカデミックジャーナルに強い出版社からお迎えします.また本学研究者による、若手研究者時代から現在に至るご自身の投稿体験談紹介もあります.本学の研究者になるまでに、いつ、どのように業績を積んできたのか?若手研究者必聴です。本学におけるオー プンサイエンス元年の今年、ぜひ知っておきたいオープンアクセスの知識を附属図書館から、2016年SAGE-北大社会科学国際優秀論文賞公募についての紹介もあります.

日   時:  平成28年11月10日(木)15:15-17:55
場   所:  人文・社会科学総合教育研究棟2番教室
プログラム:
英文ジャーナル投稿アクションプラン  (使用言語:英語)
Rosalia Da Garcia氏
SAGE出版アジア太平洋地域エグゼクティブ・ディレクター
シニア研究者による投稿経験談とキャリアパス(使用言語:日本語)
結城 雅樹 文学研究科教授/社会科学実験研究センター・センター長
知っておきたいオープンアクセス(使用言語:日本語)
梶原 茂寿 氏 附属図書館
2016年SAGE-北大 社会科学国際優秀論文賞について(使用言語:日本語)
結城 雅樹 文学研究科教授/社会科学実験研究センター・センター長

英語論文執筆セミナー1110


生命・理工系向け

英文校正会社からシニア・エディターをお迎えして英語によるアカデミック・ライティングのスキル向上に特化した講演を行っていただきます.論理構成など使用言語を超越して問われる基礎的なアカデミック・ライティングの知識から、ワード・チョイス、日本人がおかしやすい文法上の間違いまで、簡単な演習を含み2時間半にわたる包括的なセミナーです. また、本学におけるオープンサイエンス元年の今年、ぜひ知っておきたいオープンアクセスの知識を附属図書館からご紹介します。理系分野で普及が進むオープン・アクセスに関する正しい知識を取得するチャンスです.
分野を問わず一定程度の執筆経験を持つ方、大学院生の指導を行う方はこちらのセミナーへの参加をお勧めします.

日   時: 平成28年11月24日(木)15:30-18:30
場   所: 北海道大学 工学部 フロンティア応用科学研究棟 2F
鈴木章ホール(レクチャーホール)
※ 開催場所が変更になりました(21日)
プログラム:
科学英語論文執筆スキル(使用言語:英語)
Trevor Lane 氏 シニア・エディタ― エダンズグループ ジャパン(株)
知っておきたいオープンアクセス(使用言語:日本語)
梶原 茂寿 氏 附属図書館


【申込み方法・期限】※受付は終了しました。
お申込みは次の「お申し込みはこちら」をクリックして必要事項をご記入ください.
下記の期限まで受け付けます.
人文・社会科学系セミナー  11月8日(火) まで
人文・社会科学系セミナーの受付終了しました.お席に余裕がございますので,参加希望者は当日会場に直接お越しください
生命・理工系セミナー    11月22日(火) まで
* 参加人数の把握のために事前申込にご協力ください
* 座席数に余裕がある場合は当日飛び入り参加も受け付けます
※ お申し込み時にいただいた個人情報は,今回のセミナー運営のために活用するほか,研究推進に関する様々な企画,効果測定,周知のために活用します.また,個人が特定される形での第三者への開示はいたしません.

【主 催】
人文・社会科学系向け 大学力強化推進本部・事業推進室/附属図書館/社会科学実験研究センター
生命・理工系向け 大学力強化推進本部・事業推進室/附属図書館

本事業は研究大学強化推進事業で実施されました.


お問い合わせ先
URAステーション・高木(ura-seminar(at)cris.hokudai.ac.jp, 内:9578 )

TOP