メンバー紹介

Member


阿部 弘 (ABE, Hiroshi)

準備中です。


田中 晋吾 (TANAKA, Shingo)

経歴

札幌西高等学校を卒業後、北海道大学農学部に進学。大学院からは京都大学に進み、京都大学農学研究科応用生物科学専攻博士課程修了。博士(農学)。生態学、特に昆虫を使った侵入生物と在来生物の関係性の変化(進化)の解明が専門。2008年より、北海道大学にて多国間連携によるサステイナビリティ学教育プログラムのコーディネーターとして勤務。その後、2012年からURAステーションにURAとして着任。以来、北極をはじめとして、国際連携に関する取り組みを中心に担当。2018年度からは副ステーション長としてマネジメントにも関与。

北大URAとして担当した/
している事業

  • スーパーグローバル大学創成支援事業
    理事、教員、事務職員による教職協働の対策チームの一員として構想立案、申請書作成から、ヒアリングまで一貫して対応。採択を勝ち取ると共に、同チームで学長表彰を受けました。
  • 北極域研究の推進
    北極域研究センターの新設を主導。設置後は、外部の研究機関と連携し、共同利用・共同研究拠点の認定を取得しました。
  • 世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)
    初回公募から約十年、四度目の申請でついに採択されました。事前の情報収集から、構想の立案や学内調整、申請書の作成に至るまで一貫して対応しました。

自己PR

北大URAになったきっかけ

学内で開催された入門セミナーに出席し、普段やっている仕事と同じだと思って。テニュア職も魅力的でした。

北大URAとして、これからこんな仕事をしたい

前職では教育プログラムに携わっていたこともあり、大学院教育にも関心があります。研究とか教育とか垣根無く議論できるようにしたいですね。

完全自由記載で自己PR

国際関係の業務では、北極から熱帯、そして砂漠にも行きました。もともとフィールド系研究者出身なので、極限環境にも比較的耐えると一部で評価されています。サバイバル系URAが必要な方、お声がけ下さい。


阿部 義之 (ABE, Yoshiyuki)

準備中です。


岡田 直資 (OKADA, Naosuke)

経歴

北海道大学理学部地球物理学科卒。同大学院地球環境科学研究科単位取得退学。博士(地球環境科学)(北海道大学)。専門は海流や気候変動のコンピュータによる数値実験の解析。2003年に海氷生成に伴う対流過程の研究で学位を取得。同年より国立環境研究所で文部科学省人・自然・地球共生プロジェクト「高分解能大気海洋モデルを用いた地球温暖化予測に関する研究」にポスドクとして従事。2007年北海道大学大学院地球環境科学研究院博士研究員。2008年より文部科学省グローバルCOEプログラム「統合フィールド環境科学の教育研究拠点形成」に従事。2009年より特任助教。約2年半プログラムの事務業務を統括し、教員および事務部との調整にあたりました。2012年からURAとして着任。
詳細:https://researchmap.jp/read0107629/

北大URAとして担当した/
している事業

  • 本学の論文業績等の研究力の分析
  • 文部科学省「研究大学強化促進事業」の申請取りまとめ、採択後の運営
  • 研究者支援策の企画立案

自己PR

大学経営マネジメント人材として目指すところ

これまでの業務経験を生かしつつ、世界の課題解決に貢献するという本学のビジョンを実現するために、本学の教育研究が一層発展する、また、そのためのリソースを確保する、仕組み作りに取り組んでゆくことで、研究者の皆様の力になれればと考えています。


小木 雅世 (OGI, Masayo)

経歴

北海道大学大学院地球環境科学研究科博士課程修了。博士(地球環境科学)。専門は、気象・気候学。海洋研究開発機構、ワシントン大学(アメリカ)、マニトバ大学(カナダ)を経て現職。オホーツク海、アムール川、北極海、グリーンランドでの気象観測等も経験。オホーツク海海氷とアムール川流量の関係の研究から始まり、北極海の大気循環や北極海の海氷変動の研究、異常気象のメカニズムの解明の研究に従事。

北大URAとして担当した/
している事業

大学経営マネジメントを通して、北海道大学の知を地域・社会に還元し、世界で最先端の研究・教育を推進するように、力を尽くしていきます。

自己PR

北海道旭川市で生まれ育った私は、いつかは北海道に戻り、北海道に貢献できる仕事がしたいとずっと思っていました。そんな想いを持っていた私が、北大URAとして働くことは、何かの導きとご縁だと思っています。自分の母校である北海道大学のため、一生懸命頑張ります!


加藤 真樹 (KATO, Masaki)

経歴

奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科 博士後期課程研究指導認定退学、博士(バイオサイエンス)。NEDOプロジェクト、千葉大学大学院医学研究院、理化学研究所脳科学総合研究センター(理研BSI)、慶應義塾大学人文GCOE、理研BSI(FIRSTプログラム)を経て現職。
専門は分子生物学・神経行動学
キーワード:・網羅的遺伝子発現解析・言語関連遺伝子・音声コミュニケーション・ジュウシマツ・コモンマーモセット
詳細:http://researchmap.jp/makatou07/

北大URAとして担当した/
している事業

研究大学強化促進事業・URA職創設検討WG・概算要求・卓越大学院・EDGE-NEXT・データ関連人材育成プログラム・論文業績分析・部局マネジメント補佐

自己PR

大学経営マネジメント人材として目指すところ

大学全体を俯瞰し、組織としての機能を最大化させるマネジメントができる人材になれるように精進します。


中野 悦子 (NAKANO, Etsuko)

経歴

大阪市立大学大学院法学研究科後期博士課程単位取得退学(欧州政治外交史専攻、現代ドイツ政治史)。自動車部品専門商社在ドイツ現地法人勤務、株式会社東映京都スタジオ「時代劇ルネサンスプロジェクト」プロジェクトスタッフ(ドイツ担当)、龍谷大学・研究部(アジア仏教文化研究センター担当)を経て、2015年4月北海道大学大学院文学研究科URAとして着任。2018年10月から現職。通訳案内士(ドイツ語)の資格がありますが、まだ活用していないです。

北大URAとして担当した/
している事業

北大文学研究科URAの頃から、科研費支援を担当させていただき、URAステーションでも引き続き担当しています。文学研究科では、各先生方の希望に合わせるテイラーメードの支援を第一に行ってきましたが、全学レベルでは全体をカバーできる支援制度の設計が求められており、現在頭を悩ませています。文学研究科時代で特に印象に残っている思い出は、北大人文学カフェ(https://www.let.hokudai.ac.jp/research/cafe/)の聞き手を務めさせていただいたことです。話し手である研究者と会場とのつなぎ役の難しさをいつも感じながら、トップレベルの先生方に間近で接する醍醐味を味わわせていただきました。

自己PR

北大URAになったきっかけ

前職の任期中に、北大文学研究科URAの募集を見つけました。文系URA募集はとてもレア。受けてみたい反面、知らない土地へのためらいがありました。当時のセンター長に相談したところ、「受けてみないと何も始まらないよ」と一言。思い切って応募しましたらまさかの採用。ご縁があったと思い、京都から札幌へ参りました。

北大URAとして、これからこんな仕事をしたい

URAステーションの一員として、大学経営マネジメントについて学んでいくと同時に、人文学・社会科学系URAとして、北大の人社系研究のパフォーマンスをさらに推進するために尽力したいと思います。

趣味、はまってること、生きがい、などなど

以前は、映画鑑賞と読書、旅行が好きでしたが、今は子供と遊ぶことが毎日の楽しみです。


古畑 真美 (FURUHATA, Mami)

経歴

一橋大学大学院法学研究科博士課程修了。博士(法学)。
一橋大学法学部ジュニアフェロー(特任講師)、在モントリオール国際民間航空機関(ICAO)日本政府代表部 外務省専門調査員(Alternate Representative of Japan to the Council of ICAO)を経て現職。専門は国際法、国際航空法。研究テーマは国際航空紛争の平和的解決、機内安全阻害行為の管轄権など。

北大URAとして担当した/
している事業

外部資金獲得業務、産学官連携による共同研究の推進、生物多様性条約名古屋議定書ABS対応などを担当しています。

自己PR

北大URAとして、心がけていること

URAとしては未だ少数派?の法学系であることや国際機関での経験など、自分の専門や経歴を北大の大学力アップに活かせればと思っています。

北大URAになって「よかった!」と思ったこと

あらゆるジャンルの最先端の研究に触れられること、全学の研究者に出会う機会があること、愉快な仲間たちに囲まれていること、自分で考えて自律的に仕事ができること、オフィスがある開放的な創成研究棟が好き、ジンパの文化が好き、北大の自然が好き。

趣味、はまってること、生きがい、などなど

テニス、スノボ & スキーをします。
米国のコメディドラマを観るのがストレス解消法。
食べることが大好きです。甘辛すっぱ・ハーブ・スパイス何でも美味しくいただきます♪
ワインと日本酒を飲みます。


堀内 浩水 (HORIUCHI, Kosui)

経歴

高校)2008. 3. 北海道札幌旭丘高校 卒業
学士)2012. 3. 北海道大学理学部生物科学科(高分子) 卒業
修士)2014. 3. 大阪大学工学研究科先端生命工学専攻 卒業
博士)2018. 3. 北海道大学医学研究科 卒業
専門分野:細胞生物学、光学顕微鏡など
2018. 5.から北海道大学のURAとして勤務が開始(現URAステーション唯一の新卒採用者となりました)。

北大URAとして担当した/
している事業

WPIの申請と採択された拠点(ICReDD)の運営の支援/グローバルファシリティセンター(GFC)事業の推進/IR関連業務

自己PR

北大URAとして、心がけていること

自分の専門としてきた分野(生物学)以外の分野の研究の考え方や文化を身につける。なるべく既存の枠組みを活用しながら枠にとらわれない考え方を持つこと。

北大URAとして、苦労を感じるとき

自由度の高い職なので、色々考えたり実行することができる環境ですが、なかなか実行に移せていないとき。

趣味、はまってること、生きがい、などなど

趣味は演劇。主に観る方ばかりをしていますが、ときどき自分でも演じることがあります。あと、甘いものを食べたり作ったりすることもあります。


水島 朋子 (MIZUSHIMA, Tomoko)

経歴

金沢大学大学院医学系研究科博士課程修了、博士(医学)を取得。大学在籍中には生理学を専門分野とした研究を行っていました。その後、特許事務所にて、主にバイオ、化学、制御を専門分野とする特許の出願原稿の作成、中間処理(拒絶理由に対する処理)を行っていました。
現在は、研究と知財業務で培った双方の経験を活かして、本学の産学連携、外部資金獲得、知財支援等の業務に従事しています。今後も特に知的財産の面から大学の発展に貢献していきたいと思っていますので、ご相談がございましたらお気軽にご連絡ください。

北大URAとして担当した/
している事業

  • 産学連携に関する調査・分析
  • 外部資金獲得に関する業務
  • 知的財産に関する業務

自己PR

北大URAになったきっかけ

これまでの研究及び知財業務経験が、特に知財の面において大学の支援・貢献に活かせると思ったのがきっかけです。

北大URAとして、これからこんな仕事をしたい

研究者が発見・創作した研究成果を論文として発表するのみに留まらず、それを収益につなげ、研究者や大学に還元できる仕事を行っていきたいと考えています。また、知財の普及啓発活動にも取り組みたいと考えています。

趣味、はまってること、生きがい、などなど

北海道大学はこんなに広大だとは思いませんでした。時には徒歩で通勤しますが、良い運動になっています。


TOP