メンバー紹介

江端 新吾

副ステーション長、主任URA
内閣府政策統括官(科学技術・イノベーション担当)付〔総合科学技術・イノベーション会議事務局〕科学技術政策フェロー
グローバルファシリティセンター アドバイザー

■経歴

2009年北海道大学にて博士(理学)取得。専門は宇宙化学・分析化学。大阪大学博士研究員、北海道大学に特任助教を経て、2013年URAとして着任。2014年科学技術学術研究所客員研究官、第4回URAシンポジウム・第6回RA研究会事務局長。2015-2016年文部科学省科学技術・学術審議会先端研究基盤部会専門委員を歴任。

■大学経営マネジメント人材として目指すところ

「北海道大学をデザインする」をテーマに大学経営戦略の企画・立案を行う新たな職のモデルケースとして、これまでの国立大学にはなかった機能を定着化させる。

■現在携わっている業務内容
  1. 全学の機器共用に関する事業統括
    1. グローバルファシリティセンター
    2. 施設環境マネジメントタスクフォース
  2. 大学経営戦略に資する分析方針の検討

 

田中 晋吾

副ステーション長、主任URA
北極域研究センター センター長補佐
WPI対策室 室員

■経歴

京都大学農学研究科応用生物科学専攻博士課程修了。博士(農学)。生態学、特に侵入生物と在来生物の関係性の変化(進化)の解明が専門。2008年より北海道大学にて勤務を開始、多国間連携サステイナビリティ学教育プログラムのコーディネーターを務めた後、2012年からURAステーションにて勤務。北極をはじめとして、国際連携に関する取り組みを中心に担当。

■大学経営マネジメント人材として目指すところ

長期的な方向性を見据えた上で、変化する環境に柔軟に対応しながら、事業を通して国内外の連携する研究者、組織や、機関などと相利的な関係形成に尽力します。

■現在携わっている業務内容
  1. 北極域研究センター支援(センター長補佐)
  2. WPIに関する戦略企画
  3. 新たなランドマーク研究拠点の戦略企画

 

天野 麻穂

URA

■経歴

お茶の水女子大学理学部化学科卒、東大院農学生命科学研究科博士課程修了。博士(農学)。学振特別研究員(DC2)、UCLA博士研究員、昭和女子大専任講師、北大院特任助教等を経て現職。専門は生化学、特に糖鎖構造解析やレクチンの機能解析を長年手掛ける。資生堂女性研究者サイエンスグラントとFEBS J Top-Cited Awardの受賞がよい思い出。北大CoSTEP修了生(選科ライティング)。「産学官連携ジャーナル」(JST)編集委員。

■大学経営マネジメント人材として目指すところ

北の大地に、研究者の楽園-歴史(とき)を超えたデザインとの協奏。(マンションポエム風)

■現在携わっている業務内容
  1. 全学の基礎研究力向上に関すること
    1. 科学研究費補助金獲得に関する支援
    2. クロスロード交流会 他

岡田 直資

主任URA

■経歴

北海道大学大学院地球環境科学研究科単位取得退学。博士(地球環境科学)。専門は海流や気候のコンピュータシミュレーション。国立環境研究所で地球温暖化予測研究、北海道大学で外部資金プロジェクトの運営補佐に従事した後、2012年からURAとして勤務。

■大学経営マネジメント人材として目指すところ

研究者の方に研究をより一層推進していただけるように、そして、本学が世界や地域の課題解決により貢献できるように、力を尽くしていきます。

■現在携わっている業務内容
  1. 科学研究費補助金獲得支援の仕組み作り
  2. 研究者情報の研究推進への活用

 

加藤 真樹

URA
理学研究院 研究戦略室 室長

■経歴

奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科 博士後期課程研究指導認定退学、博士(バイオサイエンス)。NEDOプロジェクト、千葉大学大学院医学研究院、理化学研究所脳科学総合研究センター(理研BSI)、慶應義塾大学人文GCOE、理研BSI(FIRSTプログラム)を経て現職。

詳細:http://researchmap.jp/makatou07/

■大学経営マネジメント人材として目指すところ

大学全体を俯瞰し、組織としての機能を最大化させるマネジメントができる人材

■現在携わっている業務内容
  1. 理学研究院長の指示の下、理学研究院の研究戦略企画・研究推進支援
    1. 大学院改革WG、各種会議・委員会への陪席および情報提供
    2. キャリアパス教育の企画検討
    3. 研究力分析
    4. 組織整備を目的とした調査・調整
    5. 概算要求関連支援
    6. 大学本部とのリエゾン
    7. その他、院長の補佐的業務

 

小俣 友輝

URA

■経歴

北海道大学工学研究科複雑系工学講座混沌系工学分野修了。博士(工学)。北海道大学大学院先端生命科学研究院研究員、総合博物館助教の後、札幌で2年強、東京で1年弱の民間企業勤務(マネージャー)を経て現職。異分野の融合や異文化との出会いに至福を感じるクラスタ。

■大学経営マネジメント人材として目指すところ

北大とは、大学とは、研究とは、教育とは…未来とは? 世界中の有識者と創造的に対話し、今の北大ならでは取組むべき/取組むことができる課題の解決に向けて真摯に取り組み、共鳴するAmbitiousを醸成・発信していきたい。

■現在携わっている業務内容
  1. ファンドレイジング(寄附&クラウドファンディング)
  2. 世界展開力強化事業(ロシア)
  3. 北極域研究センター
  4. 新たなランドマーク研究拠点の戦略企画

 

高木 由紀

URA

■経歴

オハイオ州立大学大学院農業経済学専攻博士課程修了、博士。博士課程における専門は、日本と米国における家計の食料消費行動の分析。

■大学経営マネジメント人材として目指すところ

学内にある資源がより効率的に活用される環境と、学外から必要とされる資源が新たに導入される仕組みの構築。

■現在携わっている業務内容
  1. 若手からシニアまで研究者向けの論文執筆支援サービスの企画
  2. 国際共同研究関連の外部資金情報の収集
  3. 海外との研究連携のための研究支援
  4. 学内他部署の研究支援担当者との連携
    1. 各研究・教育部局
    2. 人材育成本部
    3. 国際連携機構
    4. 附属図書館 他

 

古畑 真美

URA

■経歴

一橋大学大学院法学研究科博士課程修了。博士(法学)。一橋大学法学部ジュニアフェロー(特任講師)、在モントリオール国際民間航空機関(ICAO)日本政府代表部外務省専門調査員(Alternate Representative of Japan to the Council of ICAO)を経て現職。専門は国際法、国際航空法。おとめ座・O型。北海道釧路市出身。

■大学経営マネジメント人材として目指すところ

郷土の北大を世界の北大に。北海道の知の総合拠点・北大の魅力を最大限に引き出し、未来を見据えて本学の国際競争力強化に取り組みます。

■現在携わっている業務内容
  1. 外部資金獲得業務
  2. 産学連携に係る研究推進・社会実装支援
  3. 生物多様性条約名古屋議定書ABS対応
TOP