若手教員のための英語論文執筆ワークショップを開催いたしました

本ワークショップは、査読付き英文学術誌に筆頭著者として論文の掲載、あるいは投稿の経験があり、執筆論文の更なる質的向上を目指す若手教員を対象とし、2日間の講義形式で行います。
質疑応答、実用的なエクササイズ、グループ・ディスカッションを含むインテラクティブな講義を通し、英文学術論文執筆と学術出版に関する手法・知識を習得します。


【開催報告】

大学力強化推進本部/URAステーションでは,本学附属図書館の後援を受け、3月1,2日の2日間 にわたり若手教員向けの英語論文執筆セミナーを開催しました.工学研究院, 医学研究院等の理系部局に加え、教育学研究院、経済学研究科など人社系部局から,およそ30名の教員が参加しました.セミナーには,英文校正のエダンズ社から経験豊富な講師2名を招き,英語によるジャーナル論文の執筆テクニックから投稿プロセス、最近重要性が高まっている掲載後に論文を広報することの重要性にわたる幅広いテーマで英語による講義が行われました.講義中、およそ30分ごとにアクティビティがはさまれるなど,インタラクティブな講義を意識した構成は、受講者からも好評でした. 大学力強化推進本部では今後も、本学の研究力強化に最適な研究支援の形態を検討してまいります.

セミナー中使用された資料については,こちらからダウンロード いただけます.


URAステーション加藤による趣旨説明


Lane講師による講義



Harris講師、Lane講師によるアクティビティ指導

For the information in English click here

【開催日程】
生命科学・社会科学系
平成28年3月1日(火)09:30-12:30
平成28年3月2日(水)09:30-12:45
理工系
平成28年3月1日(火)14:00-17:00
平成28年3月2日(水)14:00-17:15

【開催場所】
北海道大学 創成科学研究棟4階(※) セミナー室 B & C
※ 募集要項では3階とご案内差し上げておりましたが、正しくは4階です.お詫びして訂正いたします.

【定 員】
生命科学・社会科学系、理工系 各 30名程度

【講 師】
Dr. Trevor Lane氏  シニア・エディタ― エダンズグループ ジャパン(株)
Dr. Kate Harris氏  シニア・エディタ― エダンズグループ ジャパン(株)

【受講対象者】
以下の条件を満たす者
1)本学に所属している45歳以下(平成27年4月1日時点)の教員または特任教員(外部資金で雇用されている者を除く)
2)筆頭著者として、査読付き英文学術誌への掲載もしくは投稿経験があるもの

【プログラム】
使用言語  英語、参加費 無料
3月1日 <英語論文の執筆>
専門的な英文作成、論文の構成、タイトル、アブストラクトの作成
3月2日 <学術論文出版>
出版倫理、投稿先の選び方、カバーレターの作成、査読コメントへの対応、論文出版後のプロモーション活動

【受講者決定通知】
2月15日(月)以降、URAステーションからメイルで個別に採否を通知予定です

【申込み方法・期間】  申し込みは締め切りました
2月3日(水)-2月15日(月)15:00の間に、募集期間を延長します。下記「お申込みはこちら」をクリックし、お申し込みください.

* 受講可能人数に限りがあるため、申込者多数の場合は先着順を基本とし、
各部局からの参加人数等を勘案してURAステーションで調整させていただくことがあります.

【主 催】
大学力強化推進本部(研究推進ハブ 事業推進室/URAステーション)

【後 援】
附属図書館


お問い合わせ先
大学力強化推進本部 研究推進ハブ URAステーション
高木(9578)・加藤(9597)
E-mail: ura-seminar2@cris.hokudai.ac.jp

TOP